ページ上部へ


MENU

ゲーム

PlayStation Portable

ガーネット・クレイドル ポータブル ~鍵の姫巫女~

対応機種
PlayStation Portable
ジャンル
恋する乙女活劇ADV
発売日
2011年4月7日
価 格
通常版:5,800円+税  限定版:7,800円+税  
CERO
C(15才以上対象)

Information

この物語の主人公は、春休みが終わったら2年に進級する高校1年生の天橋美紅(アマハシ ミク)。
春休み、彼女や友人達は学園祭恒例の演劇の準備におおわらわだった。

そんな彼女の前に、「変化」は訪れる。
「扉」が開く。
「誘いの黒猫」がやってくる。
彼女はそれを夢だと思った。
しかしある日を境に毎夜見るようになったその夢はなぜか確かな感覚を持ち、夢というにはリアルすぎるものだった。
その夢の世界の名は「ミフターフ」。
彼女の通う「御符汰学園(ミフタガクエン)」と、とてもよく似た名前の世界だった。
国を統べる王が消え、王とともに「ミフターフ」を維持し守る姫巫女も長く現れず、世界は穏やかに衰退していた。
聖なる泉から現れた彼女は、5人の王子候補から王を選び出し「ミフターフ」を救うという使命を持つ聖なる姫巫女となる。
そして王を選ぶこと───それは彼女が王子候補の誰かに「恋」することを意味していた。
シンクロする「学園」と「ミフターフ」の出来事、どちらの世界にも存在するそっくりな「王子」達。
「ミフターフ」は夢なのだろうか?
何故王子達は両方の世界に存在するのだろうか?
やがて彼女は理解する。
2つの世界のつながりの秘密を、そしてその理由を。
彼女の部屋の机の引き出しにある、沢山の黒い羽根の秘密を。
黒い羽根の舞うその瞬間、夢がまた1つ消える。
世界が壊れてゆく。
残酷な運命を変えられる力はただ一つだけ。

「これは、恋をしらなかった少女が誰よりも激しい恋に目覚めるまでの美しいおとぎ話」
スクリーンショットスクリーンショットスクリーンショット
©SPICA ©2011 IDEA FACTORY

▲ ページトップへ