Loading...

◆翠川チヒロ役 小野友樹様


演じられたキャラクターは、どのようなキャラクターでしょうか?

チヒロくんは人気俳優ということで、芝居に対してすごくプロフェッショナルな部分を持っています。
主人公が興味本位でエキストラにやってきたように見えたからこそ、最初は“本気で芝居をやる気のないヤツ”に対する接しかたをしていました。
だけど、それもあえての反応で、主人公が芝居に本気だということがわかれば主人公を認めていきます。
“ヤなヤツ”というよりは、芝居にストイックなヤツという印象でした。

チヒロには“クール×オレ様”、“情熱家×素直”という表向きの顔と素顔の属性がありますが、
ご自身に“●●(表の顔)×●●(素顔)”というキャッチフレーズをつけるとしたら、どんなものをつけますか?

そうですねぇ……“食いしん坊×万歳”かな(笑)
僕自身、万歳しがちかもしれないですね。万歳って何でしょうね(笑)?

最後に、発売を楽しみにしている皆様へ、メッセージをお願いします!

本作にはトリコリティモードという独特のモードがありまして、そのモードに突入すると彼とより密接になり、いままでとは違った雰囲気や関係性になったりします!
そのトリコリティモードを楽しみにして頂きつつ、その後はトリ愛ルートもありますし、ひと粒で二度三度楽しい作品になっています。
ぜひ僕らに取り合われてみてください(笑)!


◆小野沢マサト役 前野智昭様


演じられたキャラクターは、どのようなキャラクターでしょうか?

カリスマな的な元役者で、いまは芸能事務所の社長をやっています。
すごく繊細だけど、懐が大きくて、優しい。でもちょっと独占欲も強いですね。ピュアですが人間らしい面が多いです。
僕も同じ役者として、彼のお芝居に対するアプローチの仕方や考えかたにはすごく共感できるシーンが多かったです。
“お芝居は、結局はウソの世界だ”というニュアンスのセリフが出てくるのですが、彼のそういう考えかたはふだん僕が思っていることに近い気がします。
とくに「役になるんじゃなくて、その人として生きる」という名言を言うんですよ。
それはすばらしいことですし、僕もそういうニュアンスでお芝居をさせて頂いているので、すごく共感できました。

マサトには“お兄ちゃん×世話焼き”、“崇拝×ロマンチスト”という表向きの顔と素顔の属性がありますが、
ご自身に“●●(表の顔)×●●(素顔)”というキャッチフレーズをつけるとしたら、どんなものをつけますか?

うーん、草食系男子×女の子好き……? でも、ふつうはそうですよね(笑)

最後に、発売を楽しみにしている皆様へ、メッセージをお願いします!

すごくおもしろい世界観や設定の作品です。
こういう、ふたりでがっつり主人公を取り合う作品は珍しいと思うので、
プレイして、しかるべきところに感想をいっぱい送ってもらって、今後も本作が幅広く展開していけるように応援して頂けるとうれしいです。